中1 百人一首大会


P1270177.jpg「はいっ!」

声と共に、札に向かって勢いよく手が伸びました。覚えていた札が取れたようです。思わず笑顔が浮かびました。

中学生は国語の授業で、百人一首について学びます。3年間で100首全てを覚えますが、1年生は、30首まで。今回は覚えた30首で、百人一首大会を行いました。

普段は茶道や箏曲のお稽古で使用しているお茶室。畳の上ということもあり、教室とは違った空気が流れます。試合は前半戦と後半戦に分かれて行う個人戦。自分の試合でないときには、審判と記録係も務めてもらいました。

P1270188.jpg DSCN5528.jpg

正座をし、「お願いします。」と互いに礼をして試合開始。1分間で、札の場所を覚えます。

P2220029.jpgP2220045.jpg


各グループとも札を見つめる表情は真剣そのもの。集中して和歌に耳を傾け、札を取ります。相手より早く札を取るためには、上の句を聞いたらすぐに下の句が思い浮かぶよう、和歌をしっかり覚えておかなくてはなりません。今回、18枚中17枚を、上の句が読まれているうちに取った人もいました。

勝者には賞品を贈呈しました。

P2220066.jpg

試合を楽しみながら、和歌のリズムを自然と感じる、そんな1時間となりました。



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP