教育環境維持・研究振興募金のお願い

聖ヨゼフ学園の教育環境の維持、
新たな時代に向けた教育創出のための研究活動推進資金に充当します。

募金趣意

本年、創立65年目を迎えた聖ヨゼフ学園は、これまでの伝統の継承と発展を図るために、時のしるしを読み、識別し、神のみ旨に従い、新たな時代に向け、建学の精神に基づく価値ある教育創出の努力を積み重ねて参りました。
本年1月、小学校は国際バカロレアPYP(初等教育プログラム)の認定校となりました。学校教育法第1条に基づく小学校として我が国初の認定をいただきました。 「多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ児童を育成する」ことを目的とする世界標準の教育は、建学の精神である「信望愛」に基づく教育の、これからの時代に向けた具現化です。 この取り組みを推進し、世界に和解(アトンメント)と平和をもたらし、神様の創造のみわざに参与する人の育成に力を注いで参ります。
中学・高等学校においても、小学校での取り組みを継承し深化させるため、国際バカロレアMYP(中等教育プログラム)導入に向けた取り組みに着手いたしました。 また、創立以来、中学・高等学校は女子教育を柱とした人間教育に力を入れて参りましたが、2020年度より共学校として男子生徒の募集を開始いたします。 今日の社会状況は創立時と大きく異なり、男女の協働による、より良い社会の建設が非常に重要な時代となりました。 私たちは、建学の精神に基づく真の人間教育を担うという使命を全うするために、聖ヨゼフ学園全体での共学化が急務であると判断いたしました。 共学化に向けた様々な準備に力を注いでいくと共に、これまでの英語教育を柱とする時代を先取りする教育についても、さらに強化して参ります。
これらの取り組みを推進し、聖ヨゼフ学園の使命を十全に担い、日々進展多様化する教育ニーズに的確に対応するためには、皆様方のご支援・ご協力が不可欠です。 つきましては本年度も『聖ヨゼフ学園教育環境維持・研究振興募金』の趣旨にご賛同いただき、個人の、そして各界の皆様の、格別なご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

学校法人アトンメント会 聖ヨゼフ学園 理事長・学園長 平松 達美

募集要綱

募金期間
第1期 2016年7月1日から2021年6月30日(5年間)
募金目標額
150,000,000円
募金金額
金額の多寡にかかわらず、ありがたくお受けいたします。
■個人・・・年額1口1万円以上
できましたら複数口(5口以上、10口以上)のご協力をお願い申し上げます。
1口未満のご寄付につきましても、有り難く頂戴し大切に活用させて頂きます。
■法人・団体・・・年額1口10万円以上

募金方法

①郵便振替用紙(払込取扱票)によるお払込みの場合
電子メールもしくは、お電話にてご連絡をいただけましたら、払込用紙をお送りいたします。送金手数料は無料となります。

②クレジットカードによるお払込み
■VISA・MasterCard・JCB・AMEX・Diners Clubのクレジットカード会社が発行するカードの利用が可能です。
■お支払い回数は、一回払いのみとなります。
■ご寄付の前にご確認ください。
・引き落としは、お申込み日の翌月又は翌々月となりますが、クレジットカード会社により異なりますので、利用明細書等でご確認ください。
・領収書の日付は、申込日ではなく、寄付金が決済代行会社から聖ヨゼフ学園へ入金された日(お申込み日から1~2ヶ月後)となります。
そのため、11月以降にお申込みになりますと、領収書の日付が翌年になる可能性があり、その場合は、寄付金控除も翌年の対象となりますのでご注意ください。
・決済後のご変更・ご返金等は一切できませんのでご注意ください。
■セキュリティーについて
お申込み情報の送信には、SSL暗号化通信を採用することにより安全性を確保し、セキュリティーの向上に努めています。

③個人情報の取扱について
ご寄付いただいた方の個人情報は、「個人情報の保護に関する規程」に基づいて厳重に管理します。


お問い合わせ

学校法人アトンメント会 聖ヨゼフ学園 法人事務局
〒230-0016 横浜市鶴見区東寺尾北台11-1
電話 045-581-0852
FAX 045-584-0831
charity@atonement.ed.jp
(@マークは半角でお送りください)
  • アクセスマップ
  • 聖ヨゼフ学園小学校
  • 聖ヨゼフ学園中学・高等学校
  • 教育環境維持・研究振興募金のお願い

TOP