ごあいさつ

 みんなちがってみんないい!
子ども達は、伸び伸びと遊び、それぞれの違いを認め合いながら互いにかけがえのない存在として思いやりの心を育んでいます。 日々の幼稚園の活動を通して神様の愛や、両親そして周りのたくさんの方々の愛を感じる心、信頼する心、委ねる心、感謝の心を育みます。

聖クララ幼稚園 園長 津本奈保子


<4月のえんだより>          

ご入園、ご進級、

おめでとうございます。

春の小川はさらさらいくよ

岸のすみれやれんげの花に

すがた やさしく 色うつくしく

咲けよ 咲けよと ささやきながら

(文部省唱歌)

神さまのあたたかい息吹の中ですべてのものが生き生きと活動を始める季節となりました。春の自然は私達に特別の希望と輝きを与えてくれます。そんな喜びに心躍る季節ですが、今年も入園式、進級式を縮小とし、一年きりのつもりだったコロナ対応も二年目を迎えてしまいました。今年度も何よりも子ども達の命と健康を最優先とし、状況の変化に応じて対応して参りますので御協力をお願い致します。幼稚園では、新たに水道の自動蛇口に加え、各教室に空気清浄機を設置しました。感染予防の為の対策をしっかりと考えながら一年間過ごして参りたいと思います。

新入園のお子さんは、初めのうちは泣いて登園する日があると思います。楽しみにしていた幼稚園でも大好きなお母さんがいない事に気付き、心細さを感じてしまうのでしょう。いつでも側にいてくれた大切な存在なのですから当然です。そんなお子さんの気持ちを優しく受け止め、寄り添いながらその時々に必要な援助をして参ります。「あんなに泣いていたのに...」と少し寂しく思うほど後を振り返りもせずに元気に教室へ向うようになります。涙の登園が笑顔の登園に一日も早く変わる事を願い、ひとりひとりのお子さんと十分にふれあいながら日々の活動を大切に進めていきたいと思います。楽しい園生活が送れるよう御家庭の皆様も温かく見守って下さい。

 年中・年長組に進級されたお子さんも、通い慣れた幼稚園ですが、新しい環境に少し戸惑うかもしれません。その不安と緊張を和らげ、安心して日々を過ごせるよう配慮して参ります。新しいお友達を迎える喜びの中、張り切って幼稚園の楽しさを伝えてくれる事でしょう。

希望と喜びを与えて下さり、どんな時も変わらない慈しみで見守って下さる神様の愛に信頼し、この一年を歩んで参りましょう。

何か心配な事がありましたらいつでもご相談ください。

今年度も教職員一同、心ひとつにして子ども達の健やかな成長を願い励んで参ります。

どうぞ皆様の御協力をお願いします。



バックナンバーはこちらから