ごあいさつ

  聖クララ幼稚園には、通園バスも給食も延長保育もありません。
 子ども達にとってこの時期、お母さんの愛情いっぱいのお弁当を食べ、 会話をしながら一緒に通い、安心の中で過ごす事は、最も重要な経験と考えるからです。
 子ども達は、伸び伸びと遊び、それぞれの違いを認め合いながら互いにかけがえのない存在として思いやりの心を育んでいます。 神様の愛と、両親そして周りのたくさんの方々の愛を受けて、信頼する心、委ねる心、感謝の心を育みます。

聖クララ幼稚園 園長 津本奈保子


<12月のえんだより>         

 

 

朝夕の冷え込みが厳しくなり冬の訪れを感じます。気が付けば今年も残すところ1ヶ月となり、いよいよ師走、年の瀬を迎えます。

慌ただしさに流される事なく、心静かに一年の振り返りをしっかりとしていきたいと思います。残り少ない2学期を元気に過ごし、良い一年の締めくくりを致しましょう。

幼稚園でもクリスマスの準備が始まっています。クリスマスは聖クララ幼稚園にとって重要な大切な行事です。今ではどこに行っても一大イベントとなり、あちらこちらでパーティーが開かれ、賑やかな行事となっていますが、幼稚園ではひとりひとりが心を静かにして本当のクリスマスの意味を知る時です。ひとり子イエスをお与えになる程、私達人間を愛して下さった神様。イエス様という贈り物をいただき、私達にはどんな贈り物が出来るのか子ども達と話し合って参ります。

互いに愛し合いなさいとイエス様は教えて下さいました。私達は自分達だけが幸せで何不自由のない生活を送っている事を良しとせず、日々の恵みに感謝しながら貧困に苦しむ人々、悲しみの中にいる人、孤独な人々に心を向けていかなければなりません。クリスマスに向けて行っているアドベントカレンダーや待降節の取り組み、聖劇、愛の献金を通して考えていければと思います。クリスマスのプレゼントはもらうばかりではなく、心を込めてプレゼントをするという事を知り、喜びのうちにクリスマスをお祝いします。どうぞ御家庭でもお子さんと御一緒に祈りとほんの少しの自己犠牲を愛の献金として実践して頂けたらと思います。

キャンドルサービス当日は、年長組の保護者の皆様に御参加頂き、共にクリスマスのお祝いを致します。聖劇の練習も年中組、年長組で頑張っています。イエス様のお誕生の物語をお届けする聖劇。どの役もとても大切であり、主役というものがないのが聖劇です。それぞれが自分の役を大事に演じますので、どうぞ物語を味わって頂ければと思います。

今年も素敵なクリスマスとなりますよう、そして世界中の人々が平和と祝福で満たされますよう皆で心を合わせてお祈りして参りましょう。



バックナンバーはこちらから