ごあいさつ

  聖クララ幼稚園には、通園バスも給食も延長保育もありません。
 子ども達にとってこの時期、お母さんの愛情いっぱいのお弁当を食べ、 会話をしながら一緒に通い、安心の中で過ごす事は、最も重要な経験と考えるからです。
 子ども達は、伸び伸びと遊び、それぞれの違いを認め合いながら互いにかけがえのない存在として思いやりの心を育んでいます。 神様の愛と、両親そして周りのたくさんの方々の愛を受けて、信頼する心、委ねる心、感謝の心を育みます。

聖クララ幼稚園 園長 津本奈保子


<10月のえんだより>   

長い夏休みを終え、元気に2学期をスタートした子ども達。夏休みはとても楽しかったようで、夏休みの思い出を目を輝かせて話してくれました。その嬉しそうな表情にどれだけ満たされた幸せな時を過ごせたのかがわかります。今年は残暑も厳しいのだろうと覚悟をしていたのですが・・・急激に気温がさがったり、蒸し暑かったりで子ども達の体調面が非常に心配でした。夏の疲れが出る頃でもありますので、引き続き体調管理をしっかりとしていきたいと思います。

2学期がスタートして1ケ月。運動会の練習に励む毎日ですが、子ども達はよく頑張っています。練習の成果を披露する為に運動会への気持ちを高めながら皆で力を合わせて最後の仕上げをしている所です。そして、それぞれに子ども達は自分の課題にまっすぐに取り組んでいます。運動会の練習は楽しい事ばかりではないでしょう、その中で自分の力を出し切ること、協力し合って力を合わせること、諦めないで頑張ることを学んでいます。ひとつの事をやり遂げた時の喜びや達成感は練習を通してしか生まれてきません、途中で投げ出してしまったら味わえないのです。そんな大きな喜びを皆で味わいたいと思います。

初めての運動会を迎える年少さん、「運動会はまだ?」「かけっこしたんだよ!」など、本当の運動会を理解するのは少し難しいようですが、それでも運動会への期待に胸を膨らませているのがわかります。年中組は年少組の時と比べ競技数も増え、初めての挑戦が幾つもあります。ダンスのかけ声も元気いっぱい、張り切って頑張っています。年長組は幼稚園全体を引っ張っていく存在ですから、他の学年とは取り組み方も違います。どの子も根気強くしっかり目標に向っていると思います。ダンスの隊形移動も大変ですが、素晴らしい成果を見せてくれています。運動会当日はそれぞれの学年ごとに練習してきたという自信に満ちた姿を見せてくれると思います。運動会という大きな行事を終えた時、子ども達の中に育つものは図りしれません。当日は子ども達の輝く笑顔と頑張る姿をご覧下さい。そして保護者の皆様にも御参加頂き、楽しい一日を過ごしたいと思っております。温かい御声援と御協力をお願い致します。



バックナンバーはこちらから