雪の長崎

記録的な寒波による被害が、報道されています。今朝のニュースでは、雪景色の大浦天主堂や二十六聖人記念像が映し出されていました。今から420年前、京都で捕えられた24名のキリシタンが、凍てつく寒風の中、長崎への道を進んでいました。豊臣秀吉の出した「伴天連追放令」によるキリシタン弾圧です。途中2名の若者が自ら願い出て、長崎に着いた時には26名となっていました。初代校長の勝野巌神父様は、自ら修道名に26聖人殉教者のリーダーとして皆を励まし導いた、ペトロ・バプチスタ神父の名前をいただきました。古い記録を見ますと、処刑された2月5日は、「霜が降り寒さの厳しい日であった」とあります。12歳の少年聖ルドビコ茨木や13歳の聖アントニオは、どんな思いで西坂の丘に立ったのでしょうか。雪で白くなった長崎の街をニュースで見ながら、秋に修学旅行で訪れた記念館を思い出しました。聖ヨゼフ学園は、創立20周年の1973年、2月5日を学園の創立記念日と制定しました。    2016年1月25日   聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

DSC00380.jpg

ルカ・レンゾ館長から話を聞く生徒たち。(2015年高2修学旅行)

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP