爽やかな午後の出来事

昨日、出張のため3時過ぎに学校を出ました。バス停から鶴見駅の階段を上る途中、80歳前後の御夫婦が手すりに掴まりながら一段一段慎重に降りて来ます。ご主人の手にはカート式の荷物があり大変そうでした。声をかけ下まで荷物を持とうと近づいていきました。その時です、中学生くらい(高学年)の女子生徒が、老夫婦を追い抜きながら振り返り、「持ちましょうか」とにっこり。それを聞いたご夫婦もにっこりと「ありがとう。でもこれくらいは持たないと」。女子生徒「じゃあ、一緒におります」。とても自然な様子で、こちらまでとても嬉しくなりました。爽やかな午後の出来事です。こんな場面に出会えたことに、心から「ありがとう」と大きな声で伝えたい気持ちになりました。  2016年1月28日 聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

       P1280167.jpg

     主よ、私をあなたの平和の道具としてお使いください。「平和の祈り」より

カテゴリ



  • 校長日記
  • 学園Facebook
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 体験入試のお知らせ
  • ヨゼフの動画
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP