学園記念日

 日本二十六聖人殉教者の一人、ペトロ・バプティスタは、スペイン人のフランシスコ会宣教師でした。1593年にフィリピン総督の使節として来日し、京都で教会と病院を設立しました。殉教した時は48歳、京都から長崎への道中、皆を慰め、励まし、共に祈られ、最後は十字架上でイエスとマリアの名を呼び息絶えたと記録されています。学園の初代校長、学園長として活躍された勝野巌神父様が聖ヨゼフ学園を創立されたのは47歳の時です。ペトロ・バプティスタの志を受け継いだかのような働きで、子供たちの教育のために尽力され、聖ヨゼフ学園の礎を築いてくださいました。今日は学園記念日、私たち皆で、神父様の志をしっかり受け継ぎ、聖ヨゼフ学園のために頑張っていきましょう。幸いにも、お昼の放送で、担当の先生から同様の呼びかけがなされていました。別に打ち合わせしたわけでもないのに、先生方の思いは一緒だと嬉しくなりました。

2016年2月5日 聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP