マリア様の不思議

 太平洋戦争の開戦は12月8日の真珠湾攻撃に始まると言われています。そして終戦は8月15日です。不思議なことに,この両日は聖母マリアの大切な祭日となっています。12月8日は「無原罪の聖マリア」の祭日、8月15日は「聖母の被昇天」の祭日です。特に8月15日は長い歴史の中で大切にされてきました。たとえば聖フランシスコ・ザビエルは日本への宣教を決意した時、鹿児島上陸を8月15日と定めて行程を組みました。終戦後のサンフランシスコ講和条約は聖母マリアの誕生日に結ばれ、ルルドの聖母マリア出現は2月11日です。不思議なめぐりあわせを楽しむつもりはありませんが、毎年マリア様の祭日に訪れる、平和について考える大切な機会を、決して忘れないようにしたいと思います。明日から15日まで、学園は夏休みに入ります。校長日記もしばらくお休みです。皆様良い夏休みをお過ごしください。

2016年8月10日(水)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

エル・グレコの被昇天の聖母

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP