想い出の作品は馬小屋

 12月25日のクリスマスから遡って4つの日曜日からクリスマスの準備を始めます。この期間を待降節と言います。今年は11月27日からでした。聖ヨゼフ学園ではその前に、宗教部の先生や生徒の協力を得ながら、馬小屋の設置とクリスマスツリーの飾りつけをします。クリスマスの馬小屋は今からおよそ1200年前に、アシジの聖フランシスコによって始められたと言われます。字が読めない人々に、主の降誕の意味を教えるためだったようです。学園の馬小屋は30年ほど前の卒業記念品です。正確には、イタリア製の御像セットは卒業記念品ですが、馬小屋は用務の方の手作りです。それを48回生の卒業生が、卒業する年の冬休みに色付けをしてくれました。思いのこもった馬小屋です。(写真は後日アップします)

2016年12月1日(木)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

PC020100.jpg

同窓会から寄贈いただいたクリスマスツリー!

PC020101.jpg

卒業生の保護者手作りです。感謝!

PC020104.jpg

馬小屋の壁や屋根も3日かかって仕上げました。

PC020106.jpg

ラクダや羊の型を切り取った物も、48回生の作品です。

カテゴリ



  • 校長日記
  • 学園Facebook
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 体験入試のお知らせ
  • ヨゼフの動画
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP