姉妹校英語の集い

 昨日、湘南白百合学園にて「姉妹校英語の集い」が開催されました。この集まりは昭和39年1月15日の「成人の日」にスタートしています。集いのきっかけは、前年の11月にそれまで白百合の3校だけで行われていた「姉妹校球技大会」に聖ヨゼフ学園が初めて参加したことに始まるそうです。運動部だけでなく英語科関係においても姉妹校の親睦をはかりたいとの希望があり、東京の白百合学園で開催されたようです。2年後から約10年間は聖ヨゼフ学園が会場となって開催され、その後は各校持ち回りとなっています。内容は英語劇、スピーチ、オペレッタなど盛りだくさんだったと記録に残されています。昨日の集いも姉妹校独特の雰囲気の中、楽しい一日となりました。高校2年生は最後の姉妹校英語の集いとなりましたが、美しい英語による発表は、校長として誇らしくとても嬉しくなりました。中学生の演技も立派でした。来年は聖ヨゼフ学園が会場校です。姉妹校の皆さんとの親睦のため、各校の英語力向上のために準備を進めていってほしいと願います。お疲れ様でした。

 25日のクリスマスまで、校長日記はお休みです。皆さま素敵なクリスマスをお迎えください。救い主がお生まれになります。

2016年12月22日(木)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

DSC_0594.jpg

「ふたりのロッテ」 スマートフォンでの撮影です。

DSC_0595.jpg

堂々としていて、英語の発音も美しかった。後輩たちも育っています。PC020104.jpg

主の降誕のお慶びを申し上げます。

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP