同じ心で

 19日(日)の午後、大船にあるカトリックの男子校「栄光学園中学校・高等学校」の新校舎竣工式に参加させていただきました。創立70年記念行事として校舎の全面建て替えを行ったということでした。ある方の祝辞が印象に残りました。「栄光学園の卒業生に共通するもの。それは皆が使命を持って生きていることです。」というものでした。各界で活躍される方が多い同校ですが、中学・高校の6年間に受けたキリスト教教育がしっかりと受け継がれている証拠です。また、昨日は東京の青山学院高等学校で、「キリスト教学校合同説明会」が行なわれました。関東にあるカトリック学校とプロテスタント学校が共同で開催する学校説明会です。今年で6回目となります。3千名近い受験生と保護者の方がお見えになりました。私たち学校関係者にとっては所属する団体もその歴史も異なるのですが、受験生にとっては同じキリスト教の学校です。神様の愛を伝えるために作られた学校どうし、手を携えてキリスト教学校の存在を知っていただこうと始めたものです。学校は違っても、一人ひとりに与えられた神様の賜物をどう伸ばしていくかという点において共通しています。同じ心で教育に携わっている仲間がいるということに心強いものを感じます。

2017年3月21日(火)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

P2180224.jpg

毎年3月19日(日)は聖ヨゼフの日です。今年は日曜日と重なったので、昨日の20日が聖ヨゼフの祭日でした。

平松達美学園長神父様、そして私も、洗礼名(クリスチャンネーム)は聖ヨゼフです。

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP