寄り添う

 「え~、校長先生って埼玉から通ってるんですか?」住んでみたい街トップ3の常連、横浜市民にとって「埼玉県蕨市」は未知の世界、もしくは遠い田舎の街って感じでしょうか。私の住んでいる街の名前を知っている生徒はほとんどいません。狭い日本ですが、実際に歩くと知らない街はいっぱいあります。栃木県栃木市ってご存知ですか。栃木県と言えば宇都宮が有名ですが、栃木市という素敵な街があります。十数年前に訪れて大好きになり、年に数回は出かけます。蔵と水の街、静かな古い街並みに、おしゃれなお店が点在しています。その街の中心地に「蔵の街観光館」があり、その中に「ゆーあい工房」という知的ハンディを持った方々の作業所で作られた作品を販売するお店があります。一つひとつ丁寧に作られたことが実感できる作品がいっぱいです。何よりかわいい。そして驚くほど安い。つい買ってしまうのです。先日、クリスマスのオーナメントを見つけました。守衛所の横の掲示板に最適だとピンときました。横にあったサンタの作品と、何点かまとめ買いしました。校長室の入り口に今日から展示します。果物がかごに盛られているパズルです。じっくり見ていると、これを一所懸命に作ってくれている作業所の皆さんが思い浮かばれます。一つひとつ個性あるピースですが、角が磨かれ温かく寄り添っている作品です。世界の人々もこんな感じの優しさを求めているような気がします。「ゆーあい工房」の許可をいただきましたので、作品を紹介します。

2017年7月6日(木)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

P7060268.jpg

生徒のパネルと一緒に展示しました。

P7060267.jpg

あたたかい色のパズルです。木の温もりが伝わってきます。

P7060264.jpg

中学一年の教室入口には、七夕の笹が飾られています。願い事は叶うでしょうか。

カテゴリ



  • 校長日記
  • 学園Facebook
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 体験入試のお知らせ
  • ヨゼフの動画
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP