猿!おさるさん?

 毎週木曜日は早朝ミサの日です。いつもより30分ほど早く出勤します。ミサの始まる5分ほど前、一階ロビーから体育科O先生の、「校長先生」と呼ぶ声が聞こえました。「猿が出ました。二本木のバス停近くで、大きな猿が。」話を聞くと、大きな猿がバス停近くの、歯医者さんの塀の上を歩いて来たとのこと。バス停付近には3~4人の小学生がいて、そちらに向かって進んで来たそうです。O先生は小学生に危害がいかないようにと、とっさに間に入る体制を取りながら猿を追い払ったそうです。教頭先生と生徒指導の先生に警察への連絡をお願いして、現場に急ぎました。役に立たないかもしれないけれど、小さな傘を手に持って。当然のように、サルはどこかへ姿をくらまし、バス停には何事もなかったように駅に向かう人々の長い列がありました。雨でもないのに傘を持ってきょろきょろしている私の方が変な目で見られているようでした。ミサの後、インターネットで調べてみたら、この一週間ほど鶴見のいろんなところで目撃されているようです。絵本や物語に出てくる「おさるさん」はかわいく愛嬌のある存在ですが、街に出てくる野生の「猿」はとても危険です。被害がなく、無事に山に帰ってくれるといいのですが。学校の近くには大きな御屋敷が多く、柿やみかんがたわわに実っているお宅もあります。ライバルもなく食べ物を独占できる街中の方が魅力的なのかもしれません。皆さん「猿」には気を付けましょう。

2017年11月30日(木)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

DSC_2214.jpg

1月の始業の日に行なわれる「書初め大会」のお手本です。森田先生に書いていただきました。

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP