よろこび

 昨日の午後、高校生を対象に日本放送協会の出前授業が行われました。日本放送協会?そうです。土曜日の朝に放送されているNHKの「週間ニュース深読み」の徳永圭一キャスターが来校されました。詳細については中高のトピックスで報告されると思いますが、2時間、120分がこれほどあっという間に終わるのかというくらい集中して聞くことが出来ました。もちろん私ではなく生徒たちがです。私自身は校務が重なり後半部分しか聞くことが出来ませんでしたが、生徒全員と言っても言い過ぎでないくらい、みんなが集中していました。嬉しそうに。本物の話、心に響く内容、知らないことを聞く、そうすると生徒たちはこんなに集中して喜ぶんだと改めて思いました。もちろん、テレビに出ているキャスターが目の前にいて、紅白の話題や所ジョージさんの話を織り交ぜながら楽しく話してくれますが、それだけではないのです。生徒一人ひとりの心に語りかけ、聴いている生徒がいつの間にか元気になっている。(午前中の徳永先生と同じだと一人喜んでいました)私たち教師も負けていられません。生徒の心を揺さぶるような、学ぶよろこびに小躍りしたくなるような授業をしていかなければと改めて思いました。感謝の一日でした。みなさんNHKを視ましょうね。

2017年2月17日(金)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

P2160085.jpg

トーク形式の出前授業はあまりにも楽しくてあっという間の2時間でした。

P2160086.jpg

生徒の質問に真剣に、誠実に応えて下さいました。「思いを伝える」ことの実践を、上手に示してくれました。

P2160088.jpg

徳永キャスタ―の人柄が伝わり、みんな大好きになりました。NHKが!

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP