バラが似合います。

 正面玄関を入るとすぐに聖家族の像が目に入ります。お客様を優しく迎えてくれる聖ヨゼフ学園のシンボル的な存在です。そして、その後ろに勝野巌神父様の像があります。初代の校長、学園長として聖ヨゼフ学園の礎を築いてくれました。40歳後半に帰国され、学園の創設に力を注いだ神父さまです。その頃の神父様をご存じの卒業生に聞きますと、何人もの方が「かっこ良かったわよ」「英語も堪能で、厳しい中にも優しく、大好きでした」とか「カメラをいつも手元に置いて、子供たちに優しく声をかけてくれました」とか。話しをうかがえばうかがうほど、素晴らしい神父さまだったことが想像できます。先日から勝野神父様の横に、ピンクの薔薇が飾られています。中高の昇降口に近い植え込みに長年咲き続けている薔薇です。神父様の横で、一層美しく咲いています。

2017年11月22日(水)聖ヨゼフ学園中学・高等学校 校長 清水勝幸

DSC_2214.jpg

美しいバラの花が、玄関ロビーを明るくしてくれます。

DSC_2217.jpg

25周年誌より、勝野巌神父様です。70歳を超えたころの様子です。若いです。

カテゴリ



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP