高1 修養会

 10月21日(火)、高校1年生の修養会が、カトリック清瀬教会司祭の伊藤淳神父様のご指導で行われました。

sDSCN9974.jpg

 今回の修養会は「私にできること」をテーマに神父様から講話を頂きました。

 まず、伊藤神父様がなぜ神父になられたのかというお話からはじまりました。伊藤神父様は、高校生の時に読まれたユダの話に感動されました。キリストを裏切ったユダですが、神様はユダを見捨てませんでした。ユダでさえ見捨てなかった神様なのだから、自分も神父になれると思い、この道に進まれたというお話でした。

 次に、神様とは何か、神様と愛との関係とは、というお話になりました。旧約聖書の創世記から新約聖書まで、神様が人間とどのように関わり合いながら、人間に対する神様の愛についてお話しされました。

 最後に、神様に愛によって見守られていることから、今回のテーマである「私にできること」につながるお話をされました。人は夢を持っているが、それがすべて実現するわけではありません。生きていく中で挫折したときに、神様の愛をどのように受け止め、そしてどのように生きていくことが望ましいのか。深く考えさせられるお話でした。

 最後にミサを行いました。 

sDSCN9998.jpg

 今日の修養会で学んだことが、生徒たちの糧になることを祈ります。

【生徒の感想】

「神様とは何か?」という問いに答えられずにいた私にとって、はっとさせられる1日でした。"神様は私たちを大切に思ってくださる"の言葉に安心感と、行いに対する自信を持つことができました。このような機会を与えてくださった皆様と神様に感謝します。

神父様のお話を聞き、少し自分に自信がついたような気がします。それは「私にできること」はたくさんあるというお話をしてくださったからです。また、例え話を交えながらでお話も分かりやすく、楽しく最後まで聞くことができました。愛=神=Something Great という式を心に留めて、これから頑張っていきたいです。



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP