高3 生命尊重学習会

 6月8日、高校3年生を対象に生命尊重学習会が行われました。

 いのちの尊さや素晴らしさについて考えるこの学習会は、毎年さまざまな場でご活躍されている先生方をお迎えし、ご講話いただきます。

 今年は、音楽療法士の藤本禮子先生をお迎えし、「愛 ~私は誰の手助けができるのでしょうか~」をテーマにご指導いただきました。

DSCN0011.jpg

DSCN0008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 生徒達は想像力をはたらかせながら、藤本先生の音楽療法の現場でのお話に耳を傾けます。

 お話を通して、音楽で人の気持ちに語りかけていくその力の大きさを学びました。

 

 

DSCN0036.jpg DSCN0040.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、生徒達も実際に挑戦です。

オルガンの伴奏に乗って、手を叩いたりトーンチャイムを使ったりしながら、音楽で通い合う心を感じました。

 

 《生徒たちの感想より》

  

 

  ・音楽を聴くことで、明るい気持ちになったり、気持ちが落ち着いたりと、音楽には人の心を

   動かす素晴らしい力があることを、改めて感じました。

  ・目で見える変化はもちろんのこと、心の目を通して患者さんとの関係を築こうとされている

   藤本先生の姿に、真の思いやりを感じました。

  ・音楽療法のことを初めて知りました。藤本先生のお話から、人は音楽を通してさまざまなこ

   とに挑戦し、成長することができることを学びました。

  ・人と人との関わりの中で生きていくために、相手を愛し、信じ、尊敬し、諦めない、という

   正のスパイラルを繰り返せるようになりたいと思います。

  

     

       



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP