「エコプロダクツ2015」に初出展(中2)

 中学2年生は、1年間「環境」をテーマに取り組んでおり、日本最大の環境展「エコプロダクツ2015」に初出展しました。「生物多様性」「資源・エネルギー」「循環型社会」「地球温暖化」「水・大気の環境と汚染」について、調べた内容をクイズやゲームを交えて発表しました。また、附属小の6年生の卒業論文や高校生のレポート展示、国道1号沿いの緑化活動を行っている『鶴見「みどりのルート1」をつくる会』との活動報告も行いました。eco2.jpg 水について調べたグループは、活性炭を利用した浄水器を手作りし、「池の水をきれいにするのに10回も装置を通さないといけない。水をきれいにするのも大変です。」と発表しました。また、ブースに来ていただいた方へのプレゼントとして、牛乳パックを再利用したクリスマスカードを手作りしましたが、エネルギー問題について調べた生徒が、「先生、牛乳パックをミキサーで細かくするのに、けっこう時間がかかって電気が使われるから、これはエコではないのかも。」と感想を口にしていました。eco4.jpgeco6.jpg 1月には、「エコプロダクツ2015」の内容の「エコ新聞」を作成し、全校生徒に発表します。生徒たちには、この活動を通して学んだことをこれからの生活に役立て、緑豊かな地球の大切さを考えられるようになって欲しいと思います。

 12月9日(水)の神奈川新聞の朝刊に、エコプロダクツに出展する中2の活動が大きく紹介されました。ぜひご覧ください。
カナロコ(神奈川新聞社)「身近な環境問題を知って 聖ヨゼフ学園中が学習の成果発表」(http://www.kanaloco.jp/article/139063


 



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP