2017年度 高校コース制導入と高校入学試験の実施について

 2020年度から実施される大学入試改革に対応するため、また、聖ヨゼフ学園の教育理念を少しでも多くの子供たちに伝えるために、2017年度から高等学校において、カリキュラム改訂に伴うコース制の導入と、高等学校の入学試験を実施いたします。      

 まずコース制については、来年度の高校1年生から、総合進学コースとアドバンスト・イングリッシュコースのどちらかを選ぶことになります。聖ヨゼフ学園では創立から60年以上にわたって、一人ひとりのタラントン(自分の良さ)を伸ばし、「世の灯」となる教育を行ってきました。具体的には、進路指導において生徒自身の希望実現のため、多岐にわたる分野の大学進学に対応できる細やかなカリキュラムとその実践に力を注いできました。総合進学コースはそれを引き継ぐとともに、積極的に大学と連携して更に高度な知識・技術の習得を目指します。また、アドバンスト・イングリッシュコースでは、伝統ある英語教育を更に発展させ、週10時間以上の英語の授業を行います。英語による発信力を高めるための様々な工夫を取り入れ、「聞く」「話す」「読む」「書く」4技能の充実をはかります。それは「自分の意見を持ち、それを英語で表現する」ための英語力が求められているからです。

 次に高校入学試験については、これらの教育活動を少しでも多くの人に伝えるために来年度から実施することにいたします。聖ヨゼフ学園小学校から進学してきた生徒にとっても、また中学受験を通して進学した生徒にとっても、新しい仲間が加わることで、多様な価値観を身につけ、それぞれが切磋琢磨することで、一人ひとりの可能性を更に高めることになります。

 聖ヨゼフ学園の新たな挑戦を、未来に向けて広がる愛の実践の場とするために、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

2016年5月27日    聖ヨゼフ学園中学・高等学校 清水勝幸



  • 校長日記
  • ヨゼフの動画
  • 中学入試情報
  • 高校入試情報
  • 聖ヨゼフ学園小学校

TOP